ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

使う:ヒュミラ®皮下注40mgシリンジ0.8mLについて

ヒュミラ®治療のメリット,デメリットは?

ヒュミラ®は関節の炎症や破壊を抑えることで,「関節リウマチ治療の3つの目標」を達成する効果が期待できます.

一方,ヒュミラ®の治療を受けるときには,副作用にも気をつけていただくことが大切です.

ページの先頭に戻る

ヒュミラ®はどのようにして,効果を示しますか?

「ヒュミラ®のはたらき」ページへ

ページの先頭に戻る

ヒュミラ®の効果は?

  • ・ 関節リウマチの症状を早期に改善します.
  • ・ 長期間の投与でも効果が維持されます.
  • ・ 関節破壊の進行を抑えることが期待されます.
  • ・ 日常生活に必要な動作を改善します.
ページの先頭に戻る

ヒュミラ®はどのぐらいの間隔で注射するのですか?

ヒュミラ®は2週間に1回,1本(アダリムマブとして40mg〔効果不十分の場合は80mg〕)を,皮下に注射します.
通院は2週間に1回です.

ページの先頭に戻る

ヒュミラ®の注射のしかたは?

お薬の入った注射器(シリンジといいます)で皮下注射します.

※自己注射については主治医にご相談ください.

ヒュミラ®は関節リウマチ患者さまの意見をもとに,使いやすい形を目指しました.
ページの先頭に戻る

どこに注射するのですか?

おなか,太もも,二の腕のいずれかに注射します.
注射部位は毎回場所を変えます.短期間に同じ部位へ繰り返し注射しないため,順番に場所を変更して行います.
新たな注射部位は,前回の注射部位から少なくとも3cm離して注射します.
皮膚が敏感な部位,皮膚に異常(傷,発疹,赤くなっている,硬くなっている等)のある部位には注射しないでください.

図.注射部位は毎回場所を変えます
使う:ヒュミラ®についてのQ&A
ページの先頭に戻る