• アンケート広場
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

知る:炎症をおこす物質:TNFα

このマークをクリックすると,用語解説が別ウインドウで表示されます.

TNFα(ティー・エヌ・エフ・アルファ)とは,サイトカインという物質の一つで腫瘍壊死因子と呼ばれ,言葉のとおり腫瘍をやっつける物質です.しかし,この物質が関節リウマチの関節では大量に産生され,腫れや痛みなどの炎症や関節の破壊に大きく関わっていることがわかっています

関節リウマチの患者さまの関節を調べると,TNFαという物質が通常よりも増えています.
このTNFαが炎症の主な原因物質といわれています.TNFαは関節の痛みや腫れ,関節破壊をおこすだけでなく,さらに他の炎症をおこす物質(炎症性サイトカインといいます)を作らせて関節リウマチを悪化させるはたらきもあります.

図.関節リウマチになると・・・
  • 知るのトップに戻る
ページの先頭に戻る