• アンケート広場
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

知る:関節リウマチの定義

このマークをクリックすると,用語解説が別ウインドウで表示されます.

関節リウマチは,関節を構成している滑膜(かつまく)という組織に炎症がおき,滑膜が増殖することによって関節の痛みや腫れをおこす原因不明の病気です.炎症がひどくなると,骨・軟骨が破壊されたり,変形したりします.しかし,関節だけでなく,皮下の結節(リウマトイド結節といいます),目の炎症,血管の炎症とそれに伴う神経障害や肺線維症など,関節以外の症状もみられ,「全身の病気」とされています.

日本の関節リウマチの患者さまは約60万人と推測されています.女性に多くみられ男性より5.4倍多く,発症年齢は30〜50歳代に多くみられますが,あらゆる年齢層で発症する可能性があります.

  • 知るのトップに戻る
ページの先頭に戻る